fc2ブログ
topimage

2014-01

セブンイレブンのサラダ - 2014.01.31 Fri

最近、音楽のネタが余りないので、ランチのネタを(笑)

いつもセブンイレブンのヘビーユーザーなんですが、
先日から本格的にダイエットを意識してまして、
今日のランチはこちらの2つを!





ちなみにウィートナゲッツのパンに蜂蜜をつけた、
相方特製サンドウィッチをこの他に食べてます。


コールスローは実は殆ど毎日食べてます。
何となく、クセになる味というか・・・
でもお惣菜のコールスローとは味付けが違って別物って所が面白いです。

http://www.sej.co.jp/sej/html/products/7premium/2010/367111.html

彩り野菜サラダは、とにかくお腹いっぱいにしたいけど、
ダイエット的にまずい時に買ってます(笑)
ドレッシングが別売りなので、気分によって変えられるのがいいですが、
結構キャベツが大きめに切ってあるので、ちょっと食べずらい。


コールスローサラダ
味・★★★★☆
値段・★★★★★
リピート率・★★★★★

彩り野菜サラダ
味・★★★★☆
値段・★★★★☆
リピート率・★★☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト



ジャンボモナカ こくうまミルク - 2014.01.31 Fri

最近、17時締め切り前の疲れのピークの時にアイスを食べるのが自分の中のブームです。

じつはラクトアイスっていうのが、あんまり好きじゃなくて、
これはアイスクリームに分類だったのと、ホワイトチョココーティングなのでトライ^ - ^





うーん…思ったよりもサッパリしてました(笑)
でも甘すぎず食べやすいというのかな?

個人的には普通のチョコのタイプの方がよかったかも。

味・★★☆☆☆
値段・★★★★☆
リピート率・★★☆☆☆
関連記事

タニタ食堂のおやつ - 2014.01.30 Thu

今日は、ずっと気になってた
「タニタ食堂のおやつ」を買ってみました。



そこまでしておやつ食べたいか!!ってツッコミはなしで(笑)


やっぱりデスクに座りっぱなしだと、眠くなるし、
頭がボーッとしてくることもあるし、
おやつは結構必要です^^;


中身は結構歯ごたえのあるおせんべいですかね。
味は少し濃いめの醤油ですが、
確かにカラダには悪くなさそう!

よーく噛んで食べないと少なめだし、
3袋しか入ってないので、
ちょっと高い感じは否めませんが、
ダイエット効果あるなら、リピもありかな~^ - ^


味・★★★☆☆
値段・★★☆☆☆
リピート率・★★★☆☆
関連記事

読んだ本 「いちばん親切な楽典入門」 - 2014.01.29 Wed

楽典の本は、過去にも色々読んでいるので、正直なんで買っているのか解らないのですが←オイ
個人的にはいろんな本を読むと、その都度新しい発見があったり、
同じジャンルの本を複数読むことで、ちょっとした疑問が解決することが多いので、
なんとなく「漁り読み」←勝手に自分で名づけてますwwが、やめられません。






今回の本は、「読譜力がやさしく身につく」と帯に書いてるんですが、
文体も軽く、解りやすく、イラストも入っているので、
学生とか中学生くらいに向けて書かれた本かな思います。

その分、シンプルにまとめられているし、CDもついているので
本を読んでいまいちイメージがわかないことも、CDの音源で解決できます。

著者の「轟 千尋」さんについては本を買うまで知らなかったのですが、
芸大の院卒で作曲を勉強なさっていた方らしく、すばらしいキャリアをお持ちの方でした。

添付のCDのピアノもさすが!!とってもわかりやすくて、すっきりって感じでした。
※ 実際、頭でわかっても自分の演奏にこれを形にして行くことは、そんなに簡単ではないですがw


複雑でよくわからない(中には本なのに解説が必要とかw)、楽典の本を読んで挫折した人は
「なぜ楽典を勉強したらよいのか」の取っ掛かりとして、
楽典を勉強してみたものの、どう生かしてよいか解らない人のヒントになってくれるような本だと思いました。

もちろん、趣味でやっているならこの本で十分楽しめる内容です。

音楽教室とかで、生徒さんが待機中に読めるように置いておくのもよいかなって思いました。



目次
はじめに
この本の使い方

第1章 音の高さを読む
ト音記号とヘ音記号
音の名前/音名
シャープ♯とフラット♭
音階

第2章 音の長さを読む
音符と休符
リズム

第3章 曲のノリを読む
拍と拍子
いろいろな拍子
アウフタクト
シンコペーション
テンポ

第4章 曲のつくりを読む
音程
調
24調
転調

第5章 曲の表情を読む
強弱記号
強弱記号の読み方
発想標語
アーティキュレーション
装飾音
便利な記号たち

第6章 曲の裏側を読む
和音
和声の力
和音と和音の関係
非和声音
コートネーム

第7章 黙読のススメ
楽譜の中の宝探し





関連記事

読んだ本 「ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと」 - 2014.01.28 Tue

たまっている読んだ本の個人的感想です。

これはまだきちんと理解できていないし、正直、何度も読んで自分で実践して初めて効果が解る類の本ですので、
自分の簡単な感想におさめたいと思います。

この本はピアノと題名にありますが、オルガニストに向けた解説もついているので、
個人的にピアノとオルガンの違い、身体の使い方の違いにも興味があり、購入してみました。



まず内容としては、身体の構造、骨の構造等の説明が続きます。
実際に、身体の構造を理解、ボディマッピング(自分の身体がどういう状態かを頭で描く)の助けになる知識にページが費やされています。

ここは理系の人はもしかしたらスッと入ってくるかもですが、
個人的には本を読みながら自分の身体とにらめっこって感じでした。

全体から細部に話が進んでくると、もっと実際の演奏しているときをイメージしやすくなってきますが、
身体の構造を理解することで、日常生活(デスクワーク等)にも役立ちそうだなって印象です。

長年、弾いてきた方には、色々癖とかもあると思うので、
意識をしないと直ぐに改善できないことも多いかと思いますが、
自分はブランクが長く、いまだに身体がしっくり来ていないというか、
「昔、自分はどうやって弾いていたんだろう?」って思いながらやっているので、
この機会にゆっくり身に着けながら、新しい自分のカタチを作っていけたらよいなぁと思います。


それなりに金額もしますし、内容はマニアックなので、好きな方は参考にしてみてください。

私はあと3回は読まないと、ダメだなぁwww








関連記事

読んだ本 「図書館戦争」 - 2014.01.26 Sun

こんにちは。

私は比較的本を読む量が多い方だと思うんですが、その分どんどん貯まっていくので、
置き場所もないし学術書とか一度手放したら手に入らなくなる可能性のあるもの以外、
最近は人にあげたり、Book OFFを活用しているんですが、
思い出した時の為に、定期的に記録をちゃんとしようと思っていたのに、
すでに2014年も結構たまってきてしまいましたwww


とりあえず読んだ本のリストは作ってあるので、順番に記事にして行きます。


さて、今回読んだ本は「図書館戦争」シリーズです。

これタイトルだけは聞いたことあったのですが、なんとなく手を出さないまま時間が過ぎてしまいました。

ライトノベル的なイメージも強かったし、シリーズ化していそうだったので、
完結したら読みたかったというのもあったのですが。



今回はたまたま本好きの友人に「図書館戦争って読んだ?」って話から貸していただけることになって。

すでにアニメ化、漫画化、映画化もされているので、もう言わずもがなですが、
ストーリーも登場人物も個性があって、これは人気でますね~☆

しっかり楽しませていただきました!


ストーリーや詳しいことは、公式サイトやいろんなところに出ているので、いらないと思いますが、
「メディア良化法」をはじめ、ストーリー全体の設定もとってもよくできていて
現実社会でも実際に起こりうる話だけに、本好きとしてはかなり面白かったです。

そういう意味では、既刊となってから読んでよかったかも。
連載中だったら1冊がサクサク読めてしまう分、次が出るまでヤキモキしたかもなのでww

ストーリーが気になる方は、こちらを。

図書館戦争公式サイト

図書館戦争公式サイト(映画)
図書館戦争公式サイト(アニメ)
図書館戦争(漫画)

図書館戦争Wikipedia


ちなみに現実に図書館戦争に近いような事案が過去になかったのか、ちょっと気になって調べてみたのですが、
作品中に出てくる「図書館法」は作者が実在する「図書館の自由に関する宣言」を元に構想を作ったようで。
個人的に「図書館の自由に関する宣言」は非常に面白いものを感じました。

又、興味深い事案として、自分が生まれる前だったので全然知らなかったのですが、
「ピノッキオの冒険回収騒動」というものが起きていたそうで。

自分は子供の時に普通に読んでいた本だけに、ちょっとピンと来ませんでしたが。
今は、ディズニーのピノキオのイメージが強いんですかね。


先日、冗談で図書館司書の資格を取るか取らないかなんて話をしていたばかりだったので、
自分的には、もし図書戦争の世界が現実だったら、
自分は図書隊で働きたかったなぁ~なんて思いました←もちろん戦闘職種は無理ですwww


ちなみに小説を読んだので、特に観る必要があるかは??ですが、
映画版ですが、個人的に岡田クンのファンなので、堂上教官に扮した岡田君…観たいですね~!!
絶対、イイよ☆☆






関連記事

アマービレ電子オルガンコンテストに参加してきました。 - 2014.01.23 Thu

週末の話になってしまいますが、
第3回 アマービレ電子オルガンコンテストに参加してきました。


個人的には第2回に続き、2回目なのですが、
このコンテストは自分にはとても意味のあるもので、今回も何とか参加することができて良かったです。


ヤマハ、ローランド、カワイ、ハモンド等、各社が電子オルガンを製作していますが、
どうしても各社製品ごとの差がある為か、一般的にはメーカーで分けられていることが多く、
同じステージに並ぶ機会も非常に少なく思います。

このコンテストでは、そのメーカーの垣根を越えて
純粋に電子オルガンというカテゴリーで開催されていることが大きな特徴だと思いますし、
だからこそメーカーごと開催されているものとは、また少し趣が違うかなと思います。


なので自分は、参加することよりも鑑賞することに重きを置いている部分もありますが(笑)、
LICはびきののホールも素晴らしいので、
自分の人生でこんなホールで演奏させて頂く機会は間違えても訪れないので、
せっかく関西まで交通費をかけていきますし、お金払ってでもこんな素敵なホールで演奏させて頂けるなら
と参加している次第です。


今回は12月参加したプロコフィエフのピアノコンチェルトが思いのほか大変で(当たり前かw)、
なかなか準備期間が取れなかったのですが、昨年の経験からの自分なりの課題として、

・暗譜で大きな事故もなく演奏する
・練習の7割は発揮できるよう緊張とコントロールする
・準備の段階でもう少し色々気を使う


ということで臨みました。

残念ながら12月からひいていた風邪が悪化してしまい、自由曲は弾かずに帰って来る事になりましたが、
自分なりに今年1年のレッスンの成果というか、自分なりの成果は得られたと思います。


どうしても働きながらなので、時間配分とか思ったようにはできないことが多いですが、
1つ1つ小さい課題を毎年クリアしていけたらいいなって思っていますし、
この素敵なコンテストが長く続けばいいなって思います。

関連記事

明けましておめでとうございます! - 2014.01.04 Sat

2014年、明けましておめでとうございます!


もうすぐお正月休みも終わりですが、
今年は久しぶりに家でのんびり元旦を迎えました!
毎年クラブやバーでカウントダウンをしていたので、
久々に静かな年越しでしたが、
年齢的にもそろそろこういうのでいいのかなって感じです。


2日は箱根駅伝を観た後、実家に行き、
特に何もせずのんびり過ごしてきました。

また、翌3日に箱根駅伝を観た後、
高校時代の友達と会って、
帰宅しましたが、本当に楽しいお正月でした^ - ^

今年も楽しい一年になりますように!
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Misuzu

Author:Misuzu
会社員をしながら、空いている時間で趣味でエレクトーンを弾いてます。

マンションで床や時間も問題もあり、最近は練習時間が殆ど取れませんが、下手の横好きでやっとります。
クラシックのコンサートに行くのが結構好きですが、
自分で演奏したり、それなりに世界が広がってます。

最近は弾いてる時間より、音楽関連の本を読んでる時間の方が多いかもしれません(笑)


Youtube:Misuzu007

EVEのHP:エレクトーン
バーチャルアンサンブル


ななさんとのUSTブログ:みすず&ななのLet’s Ensemble!!

USTのyoutube:ななみすず

ヲタ部:オタマトーンの演奏

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エレクトーン (56)
レッスン (13)
音楽のこと (18)
ピアノ (1)
曲集 (4)
大学 (1)
コンサートレポート (17)
演奏会や参加企画 (35)
UST (12)
EVE (5)
ヲタ部 (2)
演奏動画 (7)
読んだ本 (27)
日常 (42)
グルメ・レストラン (21)
セブンイレブン (4)
お菓子・デザート (4)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
5082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エレクトーン
23位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサードリンク

FC2カウンター

amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ