fc2ブログ
topimage

2014-01

読んだ本 「いちばん親切な楽典入門」 - 2014.01.29 Wed

楽典の本は、過去にも色々読んでいるので、正直なんで買っているのか解らないのですが←オイ
個人的にはいろんな本を読むと、その都度新しい発見があったり、
同じジャンルの本を複数読むことで、ちょっとした疑問が解決することが多いので、
なんとなく「漁り読み」←勝手に自分で名づけてますwwが、やめられません。






今回の本は、「読譜力がやさしく身につく」と帯に書いてるんですが、
文体も軽く、解りやすく、イラストも入っているので、
学生とか中学生くらいに向けて書かれた本かな思います。

その分、シンプルにまとめられているし、CDもついているので
本を読んでいまいちイメージがわかないことも、CDの音源で解決できます。

著者の「轟 千尋」さんについては本を買うまで知らなかったのですが、
芸大の院卒で作曲を勉強なさっていた方らしく、すばらしいキャリアをお持ちの方でした。

添付のCDのピアノもさすが!!とってもわかりやすくて、すっきりって感じでした。
※ 実際、頭でわかっても自分の演奏にこれを形にして行くことは、そんなに簡単ではないですがw


複雑でよくわからない(中には本なのに解説が必要とかw)、楽典の本を読んで挫折した人は
「なぜ楽典を勉強したらよいのか」の取っ掛かりとして、
楽典を勉強してみたものの、どう生かしてよいか解らない人のヒントになってくれるような本だと思いました。

もちろん、趣味でやっているならこの本で十分楽しめる内容です。

音楽教室とかで、生徒さんが待機中に読めるように置いておくのもよいかなって思いました。



目次
はじめに
この本の使い方

第1章 音の高さを読む
ト音記号とヘ音記号
音の名前/音名
シャープ♯とフラット♭
音階

第2章 音の長さを読む
音符と休符
リズム

第3章 曲のノリを読む
拍と拍子
いろいろな拍子
アウフタクト
シンコペーション
テンポ

第4章 曲のつくりを読む
音程
調
24調
転調

第5章 曲の表情を読む
強弱記号
強弱記号の読み方
発想標語
アーティキュレーション
装飾音
便利な記号たち

第6章 曲の裏側を読む
和音
和声の力
和音と和音の関係
非和声音
コートネーム

第7章 黙読のススメ
楽譜の中の宝探し





関連記事
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Misuzu

Author:Misuzu
会社員をしながら、空いている時間で趣味でエレクトーンを弾いてます。

マンションで床や時間も問題もあり、最近は練習時間が殆ど取れませんが、下手の横好きでやっとります。
クラシックのコンサートに行くのが結構好きですが、
自分で演奏したり、それなりに世界が広がってます。

最近は弾いてる時間より、音楽関連の本を読んでる時間の方が多いかもしれません(笑)


Youtube:Misuzu007

EVEのHP:エレクトーン
バーチャルアンサンブル


ななさんとのUSTブログ:みすず&ななのLet’s Ensemble!!

USTのyoutube:ななみすず

ヲタ部:オタマトーンの演奏

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エレクトーン (56)
レッスン (13)
音楽のこと (18)
ピアノ (1)
曲集 (4)
大学 (1)
コンサートレポート (17)
演奏会や参加企画 (35)
UST (12)
EVE (5)
ヲタ部 (2)
演奏動画 (7)
読んだ本 (27)
日常 (42)
グルメ・レストラン (21)
セブンイレブン (4)
お菓子・デザート (4)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エレクトーン
15位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサードリンク

FC2カウンター

amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ