fc2ブログ
topimage

2024-04

読んだ本 「意外に日本人だけ知らない日本史」 - 2014.05.06 Tue

GWももう終わりですね~。

3月、4月と仕事が忙しかったので、溜まっていた読んだ本の感想とかまとめをアップしようかと思っていたのですが、
あっという間に終わってしまい、とりあえずまた気長に1つずつ書いていこうと思いますw

今回の本は「意外に日本人だけ知らない日本史」というタイトルで、
著者はデュラン・れい子氏です。

ちょっと話はそれますが、自分は書店に通りかかった時に、時間があれば必ず足を踏み入れるタイプです。
あとはamazonも購入記録により、オススメのメールがくるので(これが時に思わぬ散財を招くトラブルww)
amazonも比較的しょっちゅう見ているほうかと思います。


読む本は比較的手当たり次第に近いこともありますが、

・常にその時に興味のある分野がいくつかあり、それに関連した本を手に取るケース、
・売れている本(いわゆる平積みになっているもの)からピンときたものを読むケース、
・ブラブラと背表紙をみながら店内を歩き、ふと興味の沸くタイトルや内容っぽいものを手に取るケース、


の3つに大体当てはまります。


今回の本は、その3つ目のケースで選んだ本です。





タイトルと著者名を見て、なんとなく内容は予想できた感じですが、
エッセイ調でスラスラ読めて内容もサラッとしている感じもあり、なんとなく違う視点を取り入れてみたい時や
重い本に疲れたときにはオススメです。
ただ文体は、敬体(ですます調)と常体(である調)が混合していたりするので、一部読みずらい所もあります。


一部、個人的に素晴らしいと思うことは世間的にはあまり知られていない、
日本が人種差別撤廃を提案したこと、又、それについてのヨーロッパでの視点がが書かれていること、はこの本の一番素晴らしい点だと思います。

私は以前から知っていたものの、著者がいうように「日本人だけ知らない日本史」に確かに分類されるような気がし、改めて書籍というツールでもこういう事実はもっと見識として広がっていくとよいなと思います。


またヨーロッパ人の「平等」の精神については、私がヨーロッパ人の好きなところの1つであり、
日本でもいつかこういう考え方が定着してくれたらよいのに・・・と思う部分でもあります。


目次&簡単な内容
※ 自分の読書記録&ネタバレにならないよう、簡易的にまとめてます。

第一章 意外に知らない、世界に影響を及ぼした日本
・オランダの歴史
・ヨーロッパの一部からの日露戦争の視点
・日本人とヨーロッパ人の考え方のスパンの違い
・サイレント・フレンド、サイレント・パートナー
・日露戦争後に日本を注目していた人達
・「人種差別撤廃」を提案した日本
・人種差別の犠牲者として苦しみ、同時にみずからは人種偏見を克服できなかった?
・ヨーロッパ、アメリカの政治家・大統領・首相、日本の政治家・首相
・憲法9条
・グレート・カントリーとは

第2章 フランスの平等と日本の均等
・年の差があっても平等であり、友人
・日本の師弟関係、フランスの師弟関係
・「平等」という風土
・日本では自動車を作るように学校を作る
・今の日本はパソコンが全て
・日本人は”かわいそう”が好き
・能力や環境に”差”はあるのに、”差”をつけることが差別
・自由と平等の違い


第3章 日本とフランスの「婚活」
・日本の女性は結婚式でウエディングドレスを着ることが幸せ?
・結婚産業が大きなビジネスになっているのは、日本と韓国だけ?
・日本の婚活は「理想の男性」探しではなく「条件の品定め」
・自分のためではなく、世間のための結婚?
・フランスでは生活の条件よりも、恋や愛が大切
・フランスの結婚、3つの選択肢


第4章 幸せな国はどこにある?
・『国民の幸福度調査』・・・日本は90位
・デンマークに憧れるフランス人
・フランスの偉大な三大発想は「革命」、「メートル法」、「消費税」
・「ハラキリ」というフランス語


第5章 世界一のエコ大国だった日本
・パリとモロッコ、ローマと江戸の匂い
・「葛西船」
・近代文明を目にした後の日本
・日本の大量生産・大量消費
・江戸の「原始循環型社会」(もったいないの精神と清潔にしたい気持ちの調和した社会)
・中国料理は「火の料理」、フランス料理は「ソースの料理」、日本料理は「水の料理」


第6章 お国別、モノに対するこだわりは?
・ヨーロッパの人はものを買わない
・1970年代はどんなにつっけんどんにされてもルイ・ヴィトンで買い物した日本人
・フランスの有名ブランドの売り上げの半分は日本
・ブランドにアレルギーを持つフランス人と持たない日本人
・日本人はディテールだけにこだわる
・キャラ弁よりも栄養素を優先するヨーロッパ人
・新しいものを造り、最新鋭の機能を搭載すれば売れる日本、売れないヨーロッパ
・日本人はきめ細かくすればするほどいいと思い込んでいるが、嫌いな人も居ることをしるべき


第7章 日本人の感性で世界をもてなそう
・「日本文化は外国人にはわからない」と思っているのではないか?
・日本は明治以降ヨーロッパのモティーフを真似し続けて来た。
・食べ物のグローバル・スタンダードは寿司が代表格
・「ゆりかごから墓場まで」
・医師や看護婦の世界的移動
・日本で介護福祉士として働くインドネシア人
・日本の汚さ、醜さは、景観のバランスが取れていないことが第一の問題
・日本人には無意識に1,3,5,7と奇数でバランスを考えるDNAがある?
・自分では自分のよさがわからないように、日本にいると日本の良さがわからないことがある










関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizmusic.blog.fc2.com/tb.php/255-06a24106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読んだ本 「東京難民」 «  | BLOG TOP | 

» 読んだ本 「30代から「格差」を逆転できる思考法」

プロフィール

Misuzu

Author:Misuzu
会社員をしながら、空いている時間で趣味でエレクトーンを弾いてます。

マンションで床や時間も問題もあり、最近は練習時間が殆ど取れませんが、下手の横好きでやっとります。
クラシックのコンサートに行くのが結構好きですが、
自分で演奏したり、それなりに世界が広がってます。

最近は弾いてる時間より、音楽関連の本を読んでる時間の方が多いかもしれません(笑)


Youtube:Misuzu007

EVEのHP:エレクトーン
バーチャルアンサンブル


ななさんとのUSTブログ:みすず&ななのLet’s Ensemble!!

USTのyoutube:ななみすず

ヲタ部:オタマトーンの演奏

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エレクトーン (56)
レッスン (13)
音楽のこと (18)
ピアノ (1)
曲集 (4)
大学 (1)
コンサートレポート (17)
演奏会や参加企画 (35)
UST (12)
EVE (5)
ヲタ部 (2)
演奏動画 (7)
読んだ本 (27)
日常 (42)
グルメ・レストラン (21)
セブンイレブン (4)
お菓子・デザート (4)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
7595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エレクトーン
27位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサードリンク

FC2カウンター

amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ